チョークアートとは

flora%20beauty.jpg

チョークアートは手描き看板

カフェやレストランの入り口や店内で、お客様をお迎えする看板アートで、イギリスパブ文化の影響を受けたオーストラリアが発祥の地と言われています。
オーストラリアでは鮮やかな色遣いで様々な食材が描かれます。
「チョークアート」と言っても、いわゆるチョークで描くわけではなく、オイルパステルを用い、専用の塗料を塗ったボードに描きます。
チョークアートの特徴である色鮮やかな色彩と美しいグラデーションは、全て指先で作り出されます。

尚、スタジオアジアンオークでは、オイルパステルを指で混ぜて描く表現、色に直接触れる癒し効果に着目し、
ヒーリング・チョークアートの開発をしました。
これまでの看板絵としてのチョークアートから、
気付き、癒しを主な目的としたチョークアートセッションも広げていきたいと思っています。

チョークで描くの?

いいえ、いわゆるチョークではありません。オイルパステルというクレヨンのような画材を使って描きます。アジアンオークでは、ぺんてるのオイルパステルを基本に、用途によって様々なオイルオパステルを使い分けています。

黒板に描くの?

いいえ、一般の黒板ではありません。チョークアートはオイルパステルで色を乗せ、指で混ぜるので普通の黒板では表面がつるつるして色が乗らないのです。そのため、特殊な塗料を塗ったMDFボードを使います。

指で描くって?

チョークアートの良さはそのグラデーションの美しさにあります。オイルパステルをグラデーションを考えながら塗っていき、最後に指先で色と色を混ぜていくことで自然なグラデーションに仕上げます。グラデーションは奥行きや立体感を表現するのに欠かせません。指で混ぜてきれいなグラデーションができたときの快感は一度味わうと病みつきになりますよ(^^)。

絵は消えないの?

はい、最後に仕上げのスプレー加工をしますので、水拭きしても消えません。ですが、尖ったもので引っかいたり、洗剤でこすったりすると消えてしまいます。取扱いはやさしく丁寧にお願いします。

どのくらいもつの?

室内に置いておくだけなら何年でも大丈夫です。屋内使用の場合は、直射日光に当てない、埃などをこまめに掃う等、気をつけていただければ長くお使いいただけます。屋外使用の場合は、長時間雨に濡れたり、直射日光に当たったりすると、劣化を早めてしまいます。予めご相談いただければ、屋外用防水加工や紫外線防止加工も承ります。

看板の大きさは?

メニューボードのA3サイズから、大きなものまで可能です。チョークアートにはMDFボードを使っているので、そのサイズがあれば作成可能です。最大1245×2450mmのものまであるそうです。どんな看板ができるでしょうね!

看板の種類は?

ボードのみ、+フレーム、+イーゼル(ボードを立てかけるもの)、なども承ります。A型看板と呼ばれる自立型ボードでの制作も可能です。

看板以外に何ができるの?

結婚式のウェルカムボードや、表札、プレゼント用の絵画、何でもご要望に応じます。お気軽にお問い合わせください。

チョークアートの発祥地は?

チョークアートの発祥はオーストラリアと言われています。一説には、イギリスのパブ文化がオーストラリアに伝わり、イギリスでは文字中心だった黒板が、オーストラリアに渡って色鮮やかでPOPなイラストに変化したと言われています。今では、カナダ、アメリカでも見られます。日本ではまだ広くは知られていませんが、東京など一部都市の街角で目にするようになりました。

チョークアートの楽しみ方
[Facebook page]

お問合せはこちら

※お問い合わせは下記フォームにてお願いします。
定期コース生、通信コース生、プロコース生の皆さんはメールで直接どうぞ。