チョークアート教室Q&A

スタジオアジアンのオークチョークアート教室に関する疑問にお答えします。
こちらで解決しないものは、お気軽にお問合せください。

チョークアートって何ですか?

手描きの看板絵のことです。オーストラリアが発祥と言われ、黒板にオイルパステルで描くものが一般的です。詳しくは、「チョークアートとは」をご覧ください。

教室はいつありますか?

基本的に、第一日曜日、第二金曜日、第三水曜日、第四土曜日の10:00~17:00に開催しています。
年末年始や大型連休、お盆の時期などはスケジュールの変更があります。
開催日程については、「教室カレンダー」でご確認ください。

どこで習えますか?

2017年1月現在、東京・吉祥寺のアトリエでのみ開催しています。
教室への行き方は、お申し込み時にお伝えしています。
また、添削指導付き通信講座もありますので、遠方の方はこちらをご検討下さい。
プロとして活躍をしたい方のために、プロコースとして、インストラクターコースと看板デザイナー研修も用意しています。当工房の教室出身者以外も参加可能です。

実は絵が苦手なのですが…?

チョークアートは、塗り絵感覚で気軽に始めることができます。教室には、小学生から70代の方まで、幅広い年代の方が通われています。本当に誰でも楽しめるアートなのです。
使う画材も、オイルパステルとご自身の指先だけです。筆や鉛筆に慣れるより、何十年も使ってきた自分の指ですから、すぐに慣れてコツもつかめますよ。
絵が苦手だった方も、今ではプロとして活躍されている生徒さんもいます。
かつて、代表の柏木も絵は苦手でした…。

通う期間はどのくらいですか?

入門コースは1日間。入門+基礎コースは5日間です。(1日10時~17時)
趣味講座は1回~4回、1回2時間です。
インストラクターコースや看板デザイナー研修については、別途お問合せください。info@asianoak.jp

費用はどのくらいかかりますか?

費用については、1日入門講座趣味講座通信講座のページをご覧ください。

プロになりたいのですが?

看板デザイナーになりたいか、講師として活躍したいかで進む道が異なります。
・インストラクターコースを受講し、講師として活躍する(受講費別途)
・看板デザイナー研修を受け、チョークアーティストとして活躍する(受講費別途)
各コースの詳細は、プロになるためにのページでご確認ください。

途中退会、解約はできますか?

一度納金された受講費は、返金できません。休会は可能ですので、ご都合つくまでお休みされても構いません。各コースには受講期限がありますが、お申し出により、受講期限を超えての休会が可能です。詳しくはご相談ください。

お問合せはこちら

※お問い合わせは下記フォームにてお願いします。
定期コース生、通信コース生、プロコース生の皆さんはメールで直接どうぞ。